販売店の選び方 

| 未分類 |

新車を購入する場合に、中古車販売を主にする業者と新車の直営のディーラー(正規販売店)での購入方法があります。
中古車販売業者は、新車の販売もするところが多いでしょうが、基本的には中古車販売が主であり、中古車販売の方が儲けが大きく出るでしょう。
しかし、新車の販売でも販売コミッションを受けることが出来、また、点検や整備費用も販売後に得られます。


さらに買い替えとなると、下取り車を手に入れることも可能でしょう。
このことから、新車の販売も手掛けることが多いでしょうが、直営店舗で購入するのに対して、1社経ることが必然化するため、値引という点では劣ることが間違いないです。
販売が得意な車種は、値引額を多く打診することが出来るでしょうが、別の販売店に直接出向き交渉すれば必ずその金額より多い、値引額が出せるでしょう。
近所にある同じ系列の販売店は情報共有があり、また、取引が多い中古車販売業者とも情報共有があるため、値引に応じないこともあるでしょうが、市や県を跨げば大抵、情報共有がありません。
しかも、自社の利益を多くするためにも直営店舗との取引が販売者及び購入者にとってお互いの利益を高めるものとして意味があります。