自動車を購入する際にチェックしておくことがあります。
ディーラーで新車を購入する場合では、大抵新車であることへの配慮が徹底されています。
とくに新車であれば、オーナーより先に乗ることへの配慮からシートカバーハンドルカバー、マットガードがされることが多いです。
ブレーキペダルやアクセルペダルが汚れないようにしてある場合もあります。
個人の販売店で車を購入すると、意外にもこれらの配慮がされていないことが多いです。
しかも、購入する車が中古車とのなると、これらのことが重要となります。
元々、中古車は自動車の整備記録簿や仕入れるオークションからの情報に基づき、自社の販売情報としています。


しかし、実は正しい車の情報が分かっている業者はそれほどいません。
なぜなら、前のオーナーの乗り方や使用歴は走行距離や内装、外装、消耗度合からしか判断が出来ないからです。
車を大切に扱う人は、車の手入れに余念がありません。
販売業者も同様で、仕入れた車の販売をするために車を丁寧に扱うことが重要となります。
お客さんがどの様な点に注目するかを判断して、内装や外装のこと細かな点まで気を配る必要があります。
展示しているときは、業者の所有物でも契約が済めば相手の車となりますので、とくに丁寧な取り扱いが重用となります。