新車を購入する時迷うことの一つにオプションの選択があります。カーナビやオーディオなどメーカーの純正のものが良いのかそれとも後付で取り付けたほうが良いのか迷ってしまいます。金額の問題やそれぞれの機器に対するこだわりなどでケースバイケースでパターンは湧かれることになります。
メーカー純正のものは、後付が出来ませんから注文する時にしか受け付けてくれません。いわば選択する時を逸すると手に入らなくなってしまいます。純正のものはやはりその車の設計時から一体性を考えてデザインされただけあっておさまりもよく新車を購入するなら純正にこだわりたい部分もあります。しかしながら、値段が高いのが最大の難点です。


市販の後付のものを購入する場合は、何と言ってもその時の最先端のモデルを選ぶことが出来ます。オーディオやカーナビそれらに付属するモニターや機能は日々目まぐるしく進歩しており、メーカーも多数存在します。
自分の趣味に一致する機能やデザインをじっくり選んで装備することが出来るうえ純正のものより比較的安く購入することが出来ます。デメリットとしては、やはりデザイン性において形状や色の違いから完全な親和性が保てないことと保証期間の短さと人気のあるパーツにおいては盗難にあいやすいということがあげられます。