テレビCMなどで、決算時期に売り出し価格で車の購入を促すことがあります。
この決算期は、なぜ売り出しをするのでしょうか?
新車の場合、特に土日などにキャンペーンや販売フェアなどのイベントが組まれることがあります。
これが、決算ともなると販売に力の入り具合が違ってきます。
日本の自動車メーカーでは、外資系企業傘下の会社以外では特殊自動車をつくる企業1社を除いてすべての企業が、株式市場に上場する企業です。


株式市場に上場する企業は、4半期決算として、3か月ごとに決算報告をする義務があります。
これは、上場企業が資本金を株主に頼り事業をするもので、財務内容を透明化し、利益が出れば株主に出資配当を出すことや、出資者に企業情報をしっかりと把握させるために必要なことで、当然決算時期の収益が悪ければ配当や株価にも影響するものです。
そのため、販売を強化して好決算を出すために各ディーラーに販売強化策として、本社メーカーからの戦略指令があり、また、この時期の多くのディーラーは販売コミッションの獲得を目論みます。
そのため、安く新車を買うために避けたいタイミングとしては、決算終了後の月の契約は値引きやオプションなどのサービスが劣ることがあります。