輸入車より国産車

| 未分類 |

輸入車はデザインが良く、乗っているだけで人の目を惹きつけます。価格が安い車種でも、おしゃれで高級な感じに見えます。しかし、全てにおいて国産車に勝っているわけではありません。むしろ、日本の車は世界的にもたいへん評価が高く、海外でも多くのユーザーに支持されています。その理由のひとつが運動性能です。国土の広いアメリカやヨーロッパでは、直線道路が多いため、コーナーリング性能が軽視されがちです。したがって、カーブが多い日本ではその運動性能が発揮しきれません。また、カーブによる負担も大きいため、耐久性にも劣ります。


一方、日本の車はコーナーリング性能や耐久性のテストを徹底して行っています。それゆえ、故障が少なく、長く乗り続けることができるのです。また、燃費性能やエンジンの加速力に関しても、技術が進んでいます。日本のメーカーの開発力は世界一なのです。それから、輸入車は故障があった場合に交換部品がなかなか手に入らないことがあります。修理にとても長い時間がかかってしまいます。そうした意味からも、実用性があるとは言えません。それでも輸入車が良いという方は、それらのデメリットを全て受け入れた上で購入するべきでしょう。